空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS The Fratellis『Costello Music』(2006年)

<<   作成日時 : 2011/04/22 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



ふむ。60年代の古き良きブリティッシュ・ビートが、現在のガレージロックを通過して再現され、ひねりのある展開やクランチ気味のギターを前面に出すもののポップに仕上がっていると。そんな感じですかね。


全体的に曲が良くて久々聴いてびっくりしたのだけど、やはりM-2「Flathead」がダントツでキラー。エッジーなロックンロールかと思いきや「ぱらっぱらーらーらー」というハッピーなコーラスが飛び出すのは印象深い。

あとはM-1、ガレージ風のアップテンポ曲に「わわわわ〜」とふざけた声を入れたりするところも、ひねた展開が売りか。

そのほかにもM-5、M-6なんかは代表曲となりそうだ。アッパーからしっとりとした曲まで、ハッピーで捻くれた部分も見せつつポップ。M-3「Cuntry Boys & City Girls」なんかはレゲエっぽいかな?わからんけど。特にリフやコーラスはキャッチーで耳に残りやすい。アルバムにコステロと付けるだけはあるなあと感心。


しかし上手く出来上がっているのだが、どうも売りにする特異的なサウンドとかは無いので、こういうバンドは良い曲をどれだけ書けるかだと思うのだけれど、ちょっとキラーが少ないかなと(平均点は高いけど)。後半は捻りのある展開も影をひそめてしまい失速してる感もある。


このUKバンドが有象無象、ばこばこ出てきてる中で特に目立つ武器となるサウンドが無いバンドはほんと厳しいかもしれないなあ、クークスとかもそうかもしれんけど。
まあ久々聴いたら思った以上に良かったが。


評価:7.8




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Fratellis『Costello Music』(2006年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる