空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS Violens 『Amoral』(2010年)

<<   作成日時 : 2011/08/03 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


何故かツタヤにすら激推しされているヴァイオレンズ。そんな、置くならいってくれよー買わなかったのにー。と思ったが、2010年はどうやら盛り上がってるらしいブルックリン・シーンを覗くためその手のバンドを購入する方向だったので、まあいーや。


さて、この「暴力」と「バイオリン」を掛け合わせた造語を冠したバンドは、多くのメディアによって絶賛されているようだ。プリファブ・スプラウト、ペイル・ファウンテンズ、アズテック・カメラ、ゾンビーズ、ビーチボーイズ、そしてグリズリー・ベアーの名前が主に挙げられているという。NMEもピッチフォークも褒めているらしい。そして、MGMTの盟友であり、今年のインディー・ロック・クラスタ必聴の存在であるWashed Outをフューチャーしていたりするという(ここによると)。
また、ロッキンオンは「09年がペインズなら2010年はヴァイオレンズだ」と言い、上記のようなバンド群にキュアーを加え「アートとしてもポップミュージックとしても高次元」と褒めているけど、アートかつポップっていう褒め方っていっつも意味わかんないんだよね。何をもってさしてるのかわかんないし、今の音楽って大抵アートとしての側面あるんでねえの?洋楽なんて特にさ。あたまわるい僕にはじぇんじぇんわかりません。


ライナー・ノーツには今挙げた参照点に加えていろいろなバンド名やジャンル名が挙がっている。グラム・ロック、ザ・スミス、ニューオーダー、グローファイ(今年でいうチルウェイヴのことだろう)、ゴッドスピード・ユー!ブラック・エンペラー、モグワイ、マイ・ブラッディ・バレンタイン、モノクローム・セット、そして時に感じられるスケール感はオアシスやキラーズのようだ、とまで。


僕の印象では、たしかにネオアコっぽいきらびやかなギター・アルぺジオがM-1「The Dawn of Your Happiness Is Rising」から感じられる(ぶっといベースも印象的)し、M-2「Full Collision」のカッティング・ギターもたしかにネオアコっぽい。しかしこの曲は後半ではシューゲイザーやオルタナティヴ・ロックからの影響を思わせるノイズの洪水を発生されており、その辺も非常に好きである。そうだな…「深海に生息するアズテック・カメラ」というキャッチフレーズを思いついたのだが…どうだろう…え…?意味わかんないって…?涙


M-4「Are You Still in the Illusion?」やM-5「It Couldn't Be Perceived」はアズテック・カメラやオレンジ・ジュースのようなキモ声、ザ・スミスやグラムロックまで髣髴とさせる曲だ。しかし、コーラスワークにはビーチボーイズの影が、そしてサウンドにはRideのごときシューゲイザーの影がやはり見え隠れする。M-8「Could You Stand to Know?」ではアニコレのようなインディーバンドにポストロックを足したようなサウンド。

M-7「Violent Sensation Descends」はオールディーズっぽい陽性のメロディーが印象的。シューゲイズとポストロックをまとったザ・バーズか。M-10「Amoral」はショート・チューンだがライナーの通り確かにゴッドスピード・ユー!のようだ。

そしてラスト2曲は、そのノイズの洪水が、大きなスケール感をともなって放出されている。ラストを飾る「Generational Loss」の鬼気迫るノイズ、これまた素晴らしい。


参照されているバンド、引き合いに出されているバンド群からして、俺の好きな線に違いなく、このポスト・ロックのノイズの海の中に生息するネオアコのごときバンド、好きである。メロディーも悪くない。しかし、良いとこどりすぎやしないか?ブルックリンを初めとする、USインディー・バンドの爆発的な隆盛。2010年はそんな年だろうが、その年末の時点でこんな良いところどりのバンドが出てくると、少し不安になる。もう、このブームは終わりに近づいているのではないのか、と。杞憂であればいいが。そして、それ以上に、メディアのプッシュ具合は、これ、明らかにハイプってる感ある。ハイプ感やばい。でも、好きよあなたたち、頑張ってね。

マット&キムもそうですが、そこそこ良いところのツタヤなら置いてるのでぜひ。ハイプかどうかは自分の耳で確かめて。


評価:8.5









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Violens 『Amoral』(2010年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる