空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS Xiu Xiu『Dear God I Hate Myself』(2010年)

<<   作成日時 : 2011/08/05 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像



2010年は、あまり聴いたことのないUSインディーの世界へ突入してみた一年だった。このシュシュというユニットは、名前は以前から耳にしていたが聴いたことは無く、新譜が出たということでこの際トライしてみよう、と思ってネットで購入した。


ジョイ・ディヴィジョンをさらにキモくしたような声で、エレガントなエフェクトが顔を出すものの、基本的にはフォーキーなサウンド。特にそんな音楽性はM-1「Gray death」で聴ける。アシッド・フォーク的なゆらめくメロディーと悲壮感と切迫感があるこのボーカル、ジェイミー・スチュワートの声はかなり凄い。


M-2「Chocolate makes you happy」はタイトルもやけに可愛らしいが、バックトラックは可愛らしいエレクトロ・ポップになっている。M-3「Apple for a brain」もそんな感じだが、一見可愛らしく見えながらも、ゲーム音楽のようなデジタル・ノイズや彼のキモ声があいまってアンバランスにすら感じさせる。この曲はデヴィット・ボウイみたいな感じがする。
M-4「House sparrow」やM-6「Dear God, I hate myself」も、ぶっとんだエレクトロ・エフェクトが入りながらシリアスに進んでいくが、時に「なんだこれ?」と思うノイズが入ったり。楽曲に合ってないんじゃないの?と思ったりもするんだが、自然に聴けてしまう。天才的なセンスを感じる。


一番ヤバいのはM-5「Hyunhye's theme」だろう。声のサンプリング?、笛の音?よくわからないイントロだが楽曲が始まると、本作一の美しいフォーク・ソング。ニック・ドレイクmeetsデヴィット・ボウイのような。しかし間奏の意味不明なノイズや「サササ…」とつぶやく声なんかがイッちゃってるw。あ、M-9なんかも途中でブッコわれてますね。


彼らの音楽の、ポップなのにノイズを纏うような音楽性は親交のあるディアフーフと共振していると思う。でも僕はディアフーフよりも、ちゃんとメロディーがある彼等のほうが好きかもしれない。M-10なんか小品だけど軽快なフォーク・ポップとして素晴らしい。
また、これはまたまたスヌーザーの記事を参考にすると、アシッド・フォーク感はデヴェンドラ・バンハートと似ているというし、カオティック・プログレみたいな音楽性のHella(ヘラ)と親交があるというし、本作ではオーケストラが参加した曲があるように、クラシックの傾倒もあるといいそこはオーウェン・パレットとルーツを分かち合う事も出来そう…というのだ。なんだかとんでもない感じだがw 彼等シュシュやディアフーフの周辺には、西海岸でも指折りの奇天烈な音楽をやっている人達が多いという。そのなかでも飛び切りの才能なのだろう、彼らは。


しかし、俺の感性ではこの音楽の全てを捉えきれないが、凄すぎる…、ラストを飾る楽曲のストリングスとエレクトロノイズとプログレのような展開とゴスっぽい雰囲気から零れ落ちるメロディーは確かに混沌としているが若干、感動的ですらある。聴き直しても、僕の年間ベスト10入りは間違いなかった・・・キモ声に耐えられれば聴けるでしょう。w


評価:8.4










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 通販
Xiu Xiu『Dear God I Hate Myself』(2010年) 空白依存症/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 23:50
モンブラン マイスターシュテュック
Xiu Xiu『Dear God I Hate Myself』(2010年) 空白依存症/ウェブリブログ ...続きを見る
モンブラン マイスターシュテュック
2013/11/25 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Xiu Xiu『Dear God I Hate Myself』(2010年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる