空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS Far 『at night we live』(2010年)

<<   作成日時 : 2011/08/03 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像


00年くらいまでのエモ/エモコア愛好者には『Water&Solutions』という名盤を生んだ存在として知られている、彼等Far。最近旧エモ勢の復活、再始動など相次いでいるが、彼らの本作もその復活作である。


彼らは、恐らくであるが、エモにへヴィーなサウンドを融合した第一人者であろう。「それって今のスクリーモのこと?」というと、例えばスクリーモのパイオニア的存在ではThe Usedとかその辺があげられる。だが、彼らのようにスクリーモが形式化する以前のバンドとして、カオスなサウンド・パフォーマンスを繰り広げていたAt The Drive-Inなんかがもしかしたら元祖的存在として挙げられるかもしれない。そして、このFarもそんな存在なのではないかと、全て後追いの俺ですがそんなことを考えています。
2010年に解散したスクリーモバンド(名前忘れた)が、Farのカヴァー音源を公開していたことなんかは、それを如実に示す証拠だろう。


また、彼等の、ダークな部分というのも持ち味の一つであり、脳裏にこびり付くような声は、大げさに言えばゴスとかグラムとかの影響も受けているような歌い方はあったような、無かったような。


それで本作は、たしかにFarのへヴィ―なサウンドが存在し、むしろ強まっている。M-1「Deafening」、M-5「Dear Enemy」、M-12「Pony」などはその典型。暗がりに入っていくようなダークで耽美的なM-3「When I Could See」も存在する。

しかし、だ。どうも、近年のエモに非常に近くなっている気がする。ここ最近のエモ勢は、ニューメタルやスクリームを吸収するバンドも当たり前に様にいる。彼らがエモにへヴィ―・サウンドを取り入れた第一人者であるということは、それが今現在に復活したらそんなモダンなエモになってしまうのではないか、という不安はある程度当たっていた。


僕は、エモという音楽にいつからか「断絶」があると思っている。今でいうインディー・ロック、かつてはオルタナのような存在だったエモーショナル・ハードコアと呼ばれる音楽はいつからか、キッズ向け産業ロックになってしまったように思える。洗練されたメロコア的サウンド、分かりやすいアメリカっぽい美メロ、適度なへヴィネス――そんなバンド達の一番悪いところは、個性が無いことである。シーンのトップにいるバンドの三番煎じをよしするようなシーンの風潮。僕はそんな音楽に、いつからかうんざりするようになった。


本作にも、僕の嫌いなモダンなエモ感が、正直無きにしも非ずである。しかし、やはりFarであることはあるのだが…。
そして、もうひとつ気になるのは、妙に美メロ、それこそジミー・イート・ワールドのような美メロの楽曲も目立つこと。

M-2「If You Cared Enough」はコーラス部分はFarっぽいのだが、サビがJEWと見まごうほどであるし、M-4「Give Me A Reason」は歌いだしからして似ているし、ボーカルのハモり方もメロディーも似ているというか。M-7「At Night We Live」もか。JEWは以前は大好きだったが(最近は割とどうでもいいと思ってる俺だが)、JEWが美メロ連発したことがエモの産業化のきっかけになったとも思っているから、FarがJEW化してしまうのも、再結成したらモダン・エモ寄りっていう先ほどの話ともつながってくるだろう。


まあ、正直、聴きやすいから2010年よく聴いたアルバムの一つだが、これは最近のエモを聴いてる人のほうが受けるのかもしれない。Farにも、旧エモ勢によく見られた不安定な部分みたいなものが『Water&Solutions』にはあったように思ったけども、今回には無いだろう。しかしやっぱりFar、そんなところがこのアルバムを低評価したくても出来ない理由でもある。・・・でもまあ、駄目だよな。w もっと「お前ら俺らがやってきたこと台無しにしやがって!本物をみせてやるぜ」的に、最近のサウンドに媚びずに過去やっていたことを貫いて欲しいのだがね。旧エモ再結成系バンドには。


評価:7.7




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
Far 『at night we live』(2010年) 空白依存症/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/08 12:19
エアマックス 2013
Far 『at night we live』(2010年) 空白依存症/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/08 16:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Far 『at night we live』(2010年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる