空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS Hellogoodbye『Would It Kill You?』(2010年)

<<   作成日時 : 2011/08/03 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



ハローグッバイって、ピコピコ・ポップ・パンクみたいなバンドじゃなかったっけ?俺がいかにも嫌いそうな。と思ったのですがこの彼らの2nd、素晴らしい出来。

ちなみに1stに入ってると思しき曲も聴いてみましたが、思ったほどモダンなポップパンク感が無く悪くは無かったですが、やはりこの2ndの感触とは違うように思います。ためしに1stの曲をyoutubeで聴いてみると、関連動画にはニュー・ファウンド・グローリーが出てきました。まあ、つまりそんなバンドと捉えられていたんでしょう。
しかしこの2ndでいい感じにレイドバックし、インディー・ポップっぽくなったということでしょう。


どんな音楽かと言えば、ザ・ゲット・アップ・キッズが昨今のインディーロックを通過したような感じ。パワーポップ?ってほどでもないけれど。シンセは入っていますが、前面に押し出されている感じはなく、ピコピコ感は殆どないし、ストリングスもさりげなく入ってたりするのが、顔がほころぶほど良い感じでツボを突いてきます。


とにかく明るいけど時に切なくなるようなポップなメロディーが素晴らしい!特にM-1「Finding Something To Do」、M-3「When We First Met」がキラー、ウキウキと鼻歌交じりで走り出したくなるような爽快なポップ・チューンになっていて良いです。


ググった情報でもし訳ないのですが、中心人物以外のメンバーチェンジを行って本作は作られたそうで、なるほどこの変化っていうのはそれが原因なのかもしれませんし、中心人物のヤツが本当にやりたいことを突き詰めたアルバムなのかもしれません。


トロピカルなビートなんかはありませんが、ヴァンパイア・ウィークエンド好きな方にも薦めたいような(特にM-7「The Thoughts That Give Me The Creeps」など)、健康的なメロディー(?)がずらりと並んでいますし、プロミス・リングやウィーザーなどのパワーポップ系愛好者も聴けるであろう、とにかくウキウキするような、愛らしいポップ・レコード。



評価:8.5




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hellogoodbye『Would It Kill You?』(2010年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる