空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS Hot Chip 『One Life Stand』(2010年)

<<   作成日時 : 2011/09/25 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



さっきの記事書くまでこのCDのこと忘れてたんだけど(笑)、いや、聴いたんですよよく、2010年に。

そもそも僕はダンスミュージック嫌いでして、そもそもバンド・サウンドこそがロックであり、それ以外認めないというような人間だったんです。J-POPだって全然打ち込みやん。さんざん耳にしてるやん。どうでもいいやん。と、そういうところからこの嗜好(思考)は始まっている気がします。あと、テクノやエレクトロ特有の反復するミニマルなビートやサウンド、フレーズ。そんなものに対しても、オルタナ的なロックのダイナミズムを求める自分としては、理解できなかったところがありました。


今現在、そういうテクノ/エレクトロ/ダンス・ミュージック嫌いはだいぶ改善されたと思います。反復するビートによってだんだんとアガっていくという感覚も完全ではないですが今ではある程度理解できますし、僕はなんだかんだメロディー主義者でありまして、切ないメロディーがあればロックだろうがダンスだろうが聴けるということも分かってきました。


それで、このホット・チップ。以前から興味はあったので新譜が出たということでエイヤッ!と気合を出して買ってみたのですが、これがいい。心地よい。


過去作はこれを聴いたあと、1枚しか聴いていないので本作が彼等にとってどのような位置づけのアルバムなのかは知る由もありませんが、僕はエレクトロというよりもひねくれポップのような感覚で本作を聴いていました。


デジタルで若干古臭いテクノのような印象すらあるM-1「Thieves In The Night」、音大き目のビートが印象に残るピアノ・エレクトロなM-2「Hand Me Down Your Love」。もう序盤からメロウで聴きやすいです。

不穏な雰囲気を感じさせるストリングス・リフに導かれ、サビでは開放感のあるM-3「I Feel Better」、これまたリフとなるフレーズがちょい不穏な雰囲気なのですが、ポップな歌メロと絡み合い、どんどんと高揚感を出していくM-4「One Life Stand」はよく聴きました。


切ないシンセポップに仕上がっているM-5「Brothers」、エキセントリックな曲かと思いきや甘いバラードのM-6「Slush」、ひんやりとした感触のM-7「Alley Cats」など、中盤では特にメロウでゆったりとしたテンポの曲が並びます。そしてM-8「We Have Love」、M-10など終盤では(比較的)強烈なエレクトロ・ソング。そういうアルバムの流れもよく考えられているなと感じました。(…まあ、M-9はまたゆったりとした曲で、M-10の中〜後半は切ない展開だったりするんでこの文章も無理やりな感もあるんですけどね)


一筋縄ではいきそうにない捻くれた感じなんだけども、どこまでもメロディアス。ダンスミュージックによくあることかもしれませんが不穏なサウンドはあるんですよね。でもちゃんとほっこりとするポップスに変えてくれる瞬間があって、本作は気に入っています。単純にM-5、M-6、M-7とか良い曲過ぎる。


評価:8.2



ギャグPV。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hot Chip 『One Life Stand』(2010年) 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる