空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS The Who 『Singles』

<<   作成日時 : 2016/05/14 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像



この企画4枚目にしてもうシングル集ってことでご察しですけど。

このアルバムをツタヤで返すの忘れてしまって延滞料金3000円取られたという最悪の思い出があるんですけど、なんでシングルスなんて借りたんでしょうね。ベスト盤ならもっと良いのある気するけど。2枚組とか聴くのダるかったんでしょうかね。んで、1st『マイ・ジェネレーション』って2002年まで再発されてなかったんですね、最近知りましたが。なるほどだから昔からやってる近所のツタヤには無かったのかと。

それで、ザ・フーというバンドはいろいろな側面があるバンドです。このシングルスの特に最初のほうを聴いた印象としてもビートルズ的なポップでメロディアスな面がわかるのですが、彼らの破壊的なステージングやドラムのスピード感はパンク・ロックへ影響を与えただろうし、それでいて『トミー』や『四重人格』のような知的で作りこまれたコンセプト・アルバムが名盤として知られていて、そしてピート・タウンゼントのシンプルながらダイナミックなギタープレイが有名なものの、彼はシンセサイザーに凝っていてそのシンセを使ったミニマル・ロック的なアプローチをした(田中宗一郎先生の心のベスト1ソングとしても有名な)「Baba O'riley」とか作ってるわけです。この多面性こそザ・フーが偉大な所以であるわけですが、このシングルスでそれが確認できるかと言えばちょっと微妙では?というのが今のこのアルバムに対しての感想かなぁと。


デビュー曲の「I Can't Explain」も、かのハイスタンダードもカヴァーしてる「The Kids Are Alright」も、個人的にはナンバーガールのカヴァーで知った「So Sad About Us」も、そして前述の「Baba O'riley」も入ってないんすよ。ザ・フーに詳しくないけども、やっぱりシンセ入ってる曲あったら俺もまだイメージが違ったかもなぁ…。もっとハマれてたかも……。
それでも、昔「Who Are You?」聴いたときはハードロックっぽいなと思ったけど今聴くと間奏とかだいぶ実験的で面白い曲だなぁとか、「Join Together」もイントロおかしいのに歌は力強いよなぁとか、聴き直して発見があったり。「清濁併せ呑む」バンドだったんでしょうね(この言い方はおかしいか)。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Мы открыли новый суперсовременный сайт для поиска партнеров на 1 ночь, никаких смс и прочей нечисти, зайди и найди себе вторую половинку на ночь!
Множество анкет девушек и парней из практически любого города земного шара! Такого больше нету ни на 1 сайте.
http://goo.gl/ApM5hl
Daitersr
2017/01/13 06:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Who 『Singles』 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる