アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
The Velvet Underground & Nico(1967年)
The Velvet Underground & Nico(1967年) これは完全に受け売り&教科書的な感想を書き連ねるしかないアルバムだなぁ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 17:47
The Doors 『The Doors』(1967年)
The Doors 『The Doors』(1967年) ザ・フー、ベルベット・アンダーグラウンド、ザ・ストゥージスがパンクの始祖的な語り方をされることは多いけどドアーズがそう語られるのを見かけることは少ない。海外ではドアーズに強く影響を受けたラヴがパンクの始祖的な語り方をされるらしいけど(久保憲司談)。ジム・モリソンのステージ上での自慰パフォーマンス辺りは今の日本で言えば銀杏BOYZのようなバンドまで受け継がれているけどね……。やはり60年代後半のサイケデリック・ロックの名盤を生み出したバンドとしてのイメージが強すぎるのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 17:07
Cream 『Disraeli Gears』(1967年)
Cream 『Disraeli Gears』(1967年) 邦題『カラフル・クリーム』。ジャケが超絶にサイケ。当時のクラプトンのSGも派手にサイケペイントされていたという。トッドラングレンが持ってたんだよね(オークションに出したらしいけど)。 当時のサイケっていうのはどうだったんでしょうねぇ、っていうのがこの辺のアルバムの印象(?)なんですけど、例えばこのクリームの根っこは完全にブルースじゃないですか。ブルース・ロックですよね基本的にこのアルバムは。次作『Wheels of Fire(クリームの素晴らしき世界)』もそうだけれどもライブでの即... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 16:20

<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

空白依存症 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる