アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「60s/70s」のブログ記事

みんなの「60s/70s」ブログ

タイトル 日 時
Steely Dan 『Aja』(1977年)
Steely Dan 『Aja』(1977年) この選盤は、いわゆる70年代の進化しまくったロック、洗練されたロックの極北みたいなことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 01:58
Eagles 『Hotel California』(1976年)
Eagles 『Hotel California』(1976年) 60年代は本当にロックで、音楽で、世界を変えようとしていた時代だった。自然との共生を掲げ従来の慣習に楯突いたヒッピー、未知の可能性を追及したサイケデリクス。これらの挑戦は全く無駄なことだったとは思わないけれど、それらを「夢」とするならば、ベトナム戦争を止められなかったこと、そしてロックの商業化を迎えた70年代によって「夢」は露と消えていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 00:40
Led Zeppelin 『Presence』(1976年)
Led Zeppelin 『Presence』(1976年) とにかくM-1「Achilles Last Stand」だ。マスロック的とも言えるドラムのキレ(と思ったけど流石に強引か)が強烈。ゴリゴリと岩を削るかのように鳴らされうねるベースと固いスネアが疾走していく。かろうじて歌の構成やギターのスケールだけはブルースの影響を残しているが、ほぼロックンロールとかブルースとかの原型は残っておらず独自の世界が繰り広げられている。4人のメンバーがそれぞれ個性やアイデアをぶつけ合った結果生まれた、音の塊。この楽曲は、今の日本の疾走感があってキメの多いいわ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 20:12
Pink Floyd 『The Dark Side of the Moon』(1973年)
Pink Floyd 『The Dark Side of the Moon』(1973年) めちゃめちゃ売れたアルバムらしいね。よく何でそこまで売れたのか疑問っていうけど(これとか)たしかになぁ。マイケルとかクイーンとかビートルズとかの次くらいには売れているレベルのアルバムってほど、大衆性は無いよなぁ。マリファナやるときのBGMとして最適でそのたびにレコードすり減るからまた買う、となって売れたっていう俗説もあるが・・・・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/21 20:12
David Bowie 『ジギー・スターダスト』(1972年)
David Bowie 『ジギー・スターダスト』(1972年) 原題:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/21 18:07
Yes 『Fragile』(1971年)
Yes 『Fragile』(1971年) キング・クリムゾン無視でこれ取り上げますけど、凄いすよねこれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/21 01:03
Led Zeppelin 『Led Zeppelin』(1969年)
Led Zeppelin 『Led Zeppelin』(1969年) ツェッペリンなら『W』なのだろうけど、個人的にはそこまでなんだよな、とか思いさっき聴き直していたけど普通に「天国への階段」かっこいいですね(小並感)。まぁ、『W』は、『T』『U』が持っていたブルース/ハードロックの側面と、『V』のトラッド・フォークがバランスよく盛り込まれているし最高傑作というのは理解できなくはないんだけど。僕が最初に聴いたツェッペリンはこの『T』で、しばらく他のオリジナルアルバムに手を出さなかったので思い入れがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 21:15
The Rolling Stone『Let It Bleed』(1969年)
The Rolling Stone『Let It Bleed』(1969年) サイケデリック・ロック・ブームは67年に頂点を迎えるが、68年にはシーンの先頭を走っていた人達はどんどんサイケデリックを離れていく。スヌーザー2008年4月号の「歴代デビュー・アルバム700枚から振り返るロックンロール50年史」から引用しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 17:24
The Velvet Underground & Nico(1967年)
The Velvet Underground & Nico(1967年) これは完全に受け売り&教科書的な感想を書き連ねるしかないアルバムだなぁ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 17:47
The Doors 『The Doors』(1967年)
The Doors 『The Doors』(1967年) ザ・フー、ベルベット・アンダーグラウンド、ザ・ストゥージスがパンクの始祖的な語り方をされることは多いけどドアーズがそう語られるのを見かけることは少ない。海外ではドアーズに強く影響を受けたラヴがパンクの始祖的な語り方をされるらしいけど(久保憲司談)。ジム・モリソンのステージ上での自慰パフォーマンス辺りは今の日本で言えば銀杏BOYZのようなバンドまで受け継がれているけどね……。やはり60年代後半のサイケデリック・ロックの名盤を生み出したバンドとしてのイメージが強すぎるのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 17:07
Cream 『Disraeli Gears』(1967年)
Cream 『Disraeli Gears』(1967年) 邦題『カラフル・クリーム』。ジャケが超絶にサイケ。当時のクラプトンのSGも派手にサイケペイントされていたという。トッドラングレンが持ってたんだよね(オークションに出したらしいけど)。 当時のサイケっていうのはどうだったんでしょうねぇ、っていうのがこの辺のアルバムの印象(?)なんですけど、例えばこのクリームの根っこは完全にブルースじゃないですか。ブルース・ロックですよね基本的にこのアルバムは。次作『Wheels of Fire(クリームの素晴らしき世界)』もそうだけれどもライブでの即... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 16:20
The Who 『Singles』
The Who 『Singles』 この企画4枚目にしてもうシングル集ってことでご察しですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/05/14 20:21
Bob Dylan 『Highway 61 Revisited』(1965年)
Bob Dylan 『Highway 61 Revisited』(1965年) 洋楽聴き初めたときに借りたアルバムって、よくわからないけどとりあえず何回か聴くから好きになって(多少聴けるようになって)、後になって他のオリジナルアルバム聴いたら良く解らん、という現象が自分の中である。最初に聴いた一枚のイメージがずっとついて回るので他のアルバム聴くときにイメージや思い入れが邪魔をするというか。ないですかそういうの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 17:00
The Beatles『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』
The Beatles『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 前回書き忘れたがこの名盤企画は「ロック・クラシック」というタグをつける。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/09 21:20
The Beatles 『Revolver』(1966年)
The Beatles 『Revolver』(1966年) 突然だが名盤の感想を書く企画を始める。 最近自分が聴く音楽が、過去の洋楽が増えてきているのと、かつて洋楽を聴き始めた頃に借りた名盤なんかを中心に書いて懐かしもう、原点回帰、みたいな感じが動機。 60s〜90sで各年代3〜4枚ずつと考えていたがピックアップしていたら結局全部で40枚くらいになったので完走できるかわからない。したいけど。 本当に超名盤、ド有名どころだけをピックアップする。しかし、これ名盤か?っていうかベストアルバムじゃんっていうのを予定しているので、まぁとにかく有名... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/09 20:45
The Beach Boys『Pet Sounds』(1966年)
The Beach Boys『Pet Sounds』(1966年) 当初は漫画の考察とかやろうかなと思っていたこのブログも結局CDレビューをすることになったわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/07 14:24
The Byrds『Mr. Tambourine Man』(1965年)
The Byrds『Mr. Tambourine Man』(1965年) 僕が洋楽のロックを聴き始めたころ、このアルバムもかなり早い段階でレンタルして聴いていて一聴して好感触であったのだけれども、それは今となっては必然的な事だったように思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/03/07 01:09

トップへ | みんなの「60s/70s」ブログ

空白依存症 60s/70sのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる