HiGE 『サンシャイン』(2010年)

画像



最近、髭(HiGE)離れしてたのは事実でありまして、それは単に近所のツタヤのレンタルに何故かカオス・イン・アップル以降はベスト以外入荷しなかったという理由なんですが。本作も買おうか迷って結局買わず。年内には聴けず、俺が住んでいる街で一番デカいツタヤまで行ったら発見ってな具合で。


しかし本作、結論から言うと素晴らしいです。前作のD.I.Y.H.I.G.Eだっけ?あれ聴いてないけどあれは夢の中でまどろむようなサイケっぽさを出していたらしいんですが、これはその延長線上にありつつもさらにダルくて牧歌的でピースフル……?なんじゃないっすかね。


象徴するのはM-1「青空」。もう本作を語るにはこれ一曲で十分なんじゃないかっていうくらい名曲。恐ろしいくらい優しげで、ディアハンターやアトラス・サウンド顔負けなサイケデリック。しかし「一人じゃないのさ」なんて歌うバンドだったっけ?(その話は置いておくとして。)少年が息を切らせて走るような刹那さのごとく、いつ雨が降ってもおかしくない黒雲の中に一瞬顔を出す青空のごとく、揺らいでいる。「愛してるよ/愛していないのかい?」


続く「虹」もやばい。イントロからもうやばい。青空の下、草原を突っ走るような爽快さがあるのに、すごく逃避的な部分も感じられるような、そんな歌。「心配しないで/慌てないで/くつろいで/ちょっとくらい不安定なほうが遠く飛べるぜ/僕はそう思うね」
まさに、今のHiGEのモードはこんな感じなのだ。

M-3「サンシャイン」でもそうだ。「誤解を恐れないなら/僕は言葉を脱ぎ捨てて/君を感じたい/難しいこと置いといて」。つまんない日々にダラダラして、丘の上に寝そべってヒナタボッコして、暇ならあの国境の先まで行ってみない?みたいな。このアルバムの主人公たちはそんなゆるい世界を謳歌している。



本作の何曲かは、奥田民生プロデュース。ただし民生自身は特に口出しをしなかったらしく、須藤が「これでOKですか?」と訊いたら「オマエがいいならいいよ。じゃあ今日は終わり。明日○時からねー。」みたいなアバウトさだったらしい。
しかし、そもそも奥田民生と組もうとするっていうこと自体が、彼等の今のモードを表してもいる。つまり、ゆるくてテキトー。でもロックンロールのツボは突く。そういう感じだ。


従来のような、グランジの影響下にあって世界と自分に毒を振りまくような楽曲もあるっちゃある。M-4「ペインキラー (for Pain)」はそれだし、M-8「3. 2. 1.0」はNirvanaの「Stay Away」あたりが元ネタだと思われるナンバー。確かにこういうの聴くと「いつもの髭ちゃん」を感じて安心はするんだけどこのアルバムに必要なのか?とは思うし、その2曲すらたぶんいつもよりも毒性も激しさも減退している。
それくらいゆったりとして、サイケデリックで、ゆるいアルバムだ。


M-5「テキーラ!テキーラ!」はベストに入っていた曲だが、これは当初の印象は良くなかったがアルバムに入ると悪くないように感じた。酔っぱらっていい気分になって、でもそこから悪酔いになる瞬間をとらえたかのような曲。

M-6「オニオン・ソング (フィリポ & コテイスイ vs OT)」は本作中でもユルさ全開で、奥田民夫がドラムを叩いており、バンド側のドラマー2人(フィリポ、コテイスイ)がボーカルを取った曲。べいびーべいびーほーほーらららー。ヤル気なさそうなところがプラスに働いている。全然ガチじゃない。でも気持ちいい。昔から髭にはそんな側面もあったし、ドアーズばりのサイケ・ソングを作れたバンドでもあったけど、今回はその側面が全開で、かつ牧歌的で優しいのだ。


以前レビューした「カオス・イン・アップル」とは正反対のアルバムかもしれない。あれは意識的に毒性増し増しなアルバムで、「だんだんヌルくなっていた自分達に一喝!」的な作品でもあったが、今回は真逆。これを「毒性が無くなった、ヌルくなった」と期待外れに感じてしまう人もいるかもしれないが、これが今の彼らのモードなのだ。
大人になった、年をとったと批判する人だっているだろう。でも、僕はこんな彼らも好きだ。もともと「頑張りすぎない」みたいな哲学を持っているバンドではあったけど、今回は特に「のんびりいこうや」って言ってくれてる感じがする。それが良いことかは分からないけど、でもこの夢見心地だったり陽光の下で寝そべってるようなサイケデリック・サウンドは今の僕のモードにもよく合っている。


しかしまあ、「一人じゃないのさ」「信じてるかい?」「今ならまだ飛び乗れるぜ」「二人だけの国」なんていう言葉が飛び出していかにも能天気なんだけど、でもどこか不安や不気味な部分も隠せてないところが、いいのかもな。髭がどんなにポジティヴなことやったって、髭は髭っていうか。あ、もう正式名称はHiGEなのか。とにかく素晴らしい。


評価:8.7




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック