OGRE YOU ASSHOLE 『浮かれている人』(2010年)

画像



オウガさんの2010年のミニアルバム。『しらないあいずしらせる子 』は結構好きだったが結局『フォグランプ』は未だに聴いていないオウガさんですが、やはりどんどんどんどんポップに開けた方向に行っているのかなと思う。シングル「ピンホール」が出たときに決定的だなと思いましたが、本作一曲目「バランス」もそれに劣らない、ポップな音。
ポストパンクや、彼らが影響を受けたであろうBuilt To SpillなどのUSインディーっぽさを感じさせるシングルコインの特性を生かした細いラインのギター、彼らの武器のひとつであるこの特性が今回はあまり感じられなく、ふわっとした質感、白い光をあてられているようなサウンドになっているように感じた。たぶんシンセ使ってるんだろう。


M-2「タンカティーラ」も同様だが、こちらの方がよりシンセ・ポップに寄っている部分もあれば、彼等らしいギターも聴く事が出来たり。そして何故かヘンテコなコーラス。ぱっしゅバリバリ?w と連呼する。ヘンテコだ。ファニーを通り越してもう意味不明である。

M-3「どちらにしろ」は独特なリズムと金属音っぽい音(ギター?)が異質で強烈な個性を見せている。これまたわけわからん合いの手のような声が入っていたり。M-4「レースのコース」は音響的に使われた広がりのあるシンセ・サウンドがメランコリック。M-5「真ん中で」はうねるベースが印象的。これまたふわっとした音が不思議なダルさと不穏さを醸し出し、しかしメランコリアが感じられる楽曲になっている。


正直、「バランス」を聴いたときはその更なる切なポップ路線に歓喜したが、一通り聞くと、また更につかみどころの無さが増したと思った。
ちょっとふざけ気味の方向も見え隠れするのもそれを助長させている。真面目だけど、ふざけている。タイトルの「浮かれている人」にしろ「バランス」「どちらにしろ」なんていう曲名にしろ、フラフラと浮遊し続けているような、本当につかみどころがないアルバムだ。しかし、それを確実に狙っているんだろう、何も選ばないし、上がることも下がることも、アツくなることもなければ醒めているわけでもない。おちゃらけているかと思えば、でもやっぱりメランコリック。どう表現していいか判らんアルバム、というか、このバンドの元々そういう特性が表出したのが本作ということなのかもしれない。(だから、このバンドが洋楽ファン、インディーロック・リスナーに聴かれているのは分かるとしても、ハッキリしたメロディーや分かりやすい疾走感を求めるJ-ROCKギターロック的なものを愛聴するリスナーにも好かれているのは不思議)


もちろんメロディーだけ見ればどんどん甘く、良くなってきている気がするし、サウンドもインディーロック/ポップ好きならばしっくりくるかもしれない。しかし、僕にとってそう単純の聴けないのがオウガで、それは彼らの歌詞がどうも引っかかってしまうからだ。

「わかったふり何かを振り離し/不安づける彼らは逃げる/わかったふり丸めて覗き込み/不安づける彼らは逃げるみたいだ」。全然意味わからん。確かに、いろいろ考えれば、ただただ不安をあおるようなメディアの姿勢なんかを描写してるんかな、とか思うけど絶対違うだろう(笑)。「忘れかけたきまりが僕らを騙すの」「ここまでの君はどうかしてる」みたいな、いいラインと思える部分もあるんだけれど…。


言いたいことがありそうで無さそう、というのはサカナクションの歌詞みたいだなと一瞬思ったが、それよりももっと「意味なんかどうでもいいし、各々が考えてくれればいい」というスタンスのような気がする。これはロストエイジや8otooに近いだろう(ロストエイジは歌詞が良いと俺は思ってるけど!)。

たぶん仮歌(テキトー英語)からメロディーと合わせてしっくりくるもの、フックになるものをただ日本語にするというような作り方なんだろう。それは非常につまんねーな、と僕は以前このブログでも書いたことがあるけれど、ただこの意味不明な歌詞こそが、フワフワとしてつかみどころの無い彼等の個性がもっとも良く表れた部分なのかもしれないなあと思うと、それを狙ってやってるのは凄いことなのかもしれない。でも、やっぱり僕は、唸ってしまうな。うーん。



評価:7.7






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック