空白依存症

アクセスカウンタ

zoom RSS The Beatles『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』

<<   作成日時 : 2016/05/09 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


前回書き忘れたがこの名盤企画は「ロック・クラシック」というタグをつける。


CROSSBEAT 2007年12月号『究極のベスト・アルバム500』におけるレビューに書かれていたのだが、本作はビートルズの最高傑作は何かと聞かれれば選ばないけどロックの最高傑作は何かと問われたらこれをあげる――矛盾してるけど。だそうだ。

まぁ、つってもね!今はビートルズの最高傑作にも挙げられる1枚じゃないですかねぇ。昔は『リボルバー』だったんでしょ?みたいな印象(あくまで印象だけど)で、後藤正文も「みんな昔はリボルバー絶対持ってた」とか言ってたような。
この「ビートルズ最高傑作議論」は、ま、『マジカル・ミステリー・ツアー』がオリジナル・アルバムにカウントするならば(今は普通にカウントされるらしいし)即決で『マジカル〜』じゃないですかぁ(佐倉綾音風に)。だって「I Am the Walrus」「Hello Goodbye」「Strawberry Fields Forever」「Penny Lane」「All You Need Is Love」が入ってるとかヤバいじゃないですかぁ。僕がビートルズ論議に参加できる身分ではないと知りつつも、これはまぁそうじゃないですか。
で、『ホワイト・アルバム』派とは争う気がまず起きないじゃないですか。好き好きあるけど、あれが最高だっていう理由は理解できるわけですよ。

でね、何が言いたいかっていうと以前ツイッターで「『サージェント・ペパーズ〜』が最高傑作?ハイハイそういう人はもういいですから!」みたいなツイートを見かけたのでね。
これが最高だって言って何が悪いんだよ。
これだけは全然意味わからなくないですか?
名盤ガイドに毒された、自分で考える頭のないクソリスナーが挙げるのがサージェント・ペパーズだとでもいいたげなさ。
っていうかね、よく「コンセプト・アルバムとしてのアイデアが素晴らしいだけで個々の曲は弱い」とかよく言われて、先ほどのクロスビートの記事でも似たようなことが書かれているわけです。でも本当にそうですか?普通に良いと思うんですけど。「With A Little Help From My Friends」「Lucy In The Sky With Diamonds」は言わずもがな、「When I'm Sixty-Four」みたいな可愛らしい曲があって、他にも「Getting Better」とか佳作じゃないですか?そうでもないですか?あと1967年に発表されたこともあり、サイケデリック・アルバムとしても語られますが思ったよりサイケっぽくないよね。なんかパワーポップっぽい明るさがありませんか。とか思ってたけど2chサイケスレまとめみたいなので言われてた通り「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」聴き直したらブッとんでました。「Fixing A Hole」とかもちょっとサイケな感じですよね。「She's Leaving Home」なんか超牧歌的でメロディーも立っててすっごく良い。「Within You Without You」はインドですね。リボルバーにもモロにインド曲が入ってたけどそれの発展版か。


このアルバムのコンセプトの部分については有名な話なので割愛しますが、サンドイッチ状態で最初と最後だけじゃねーか、というのは同意であります。世界初のコンセプト・アルバムと言われますが、先にマザーズ・オブ・インヴェンションがやってるのでこれもまたビートルズがかすめ取ったのか。
以前から「どのへんがビーチ・ボーイズのペット・サウンズに影響受けたんだろ?」と思ってたのですが、ネットを漂流してて見つけた話としては、ただの曲の寄せ集めだったアルバムという概念を、全体を統一感のあるサウンド、方向性でビシッと魅せたという点においてペット・サウンズに影響を受けている、という。今更な話ですがなるほどと思いました。


僕が「A Day In The Life」を最初に聴いたのは青盤のdisc1だったので、間奏の不穏になるところがすっごく怖いな、怖い曲だな、これドラッグのバッドトリップの曲なんだろうな、とか思ってたんですけど本作のラストに置かれるこの曲は「大団円!」感があってそっか本来こういう曲なのか、ってなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Beatles『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 空白依存症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる