アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ニュー・ウェイヴ」のブログ記事

みんなの「ニュー・ウェイヴ」ブログ

タイトル 日 時
The Smiths 『The Queen Is Dead』(1986年)
The Smiths 『The Queen Is Dead』(1986年) よくロックの歴史のお勉強をしていると「80年代のイギリスは空白だった。アメリカ向けに活動しているバンドが多く、イギリスらしいバンドがいなかった。その中でザ・スミスだけが頑張っていた」みたいな文章をよく見かけて、僕はそれを真に受けていたのですが、今だと「キュアーもデペッシュ・モードもニュー・オーダーもエコー&ザ・バニーメンもジーザス&メリーチェーンもいるじゃん!」とか思ってしまうんです。全然「空白の80年代」じゃないじゃん!と。でもこれよくよく考えるとキュアー/デペッシュ/NOは世界的にヒ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 21:12
Culture Club - Colour by Numbers (1983年)
Culture Club - Colour by Numbers (1983年) アメリカではケーブルテレビの導入率がめちゃ高く、80年代は24時間PVを流し続ける音楽チャンネルMTVの影響が全盛期だった。だからみんなPVを凝ったりしていたが(言うまでもないがマイケル・ジャクソンとか)このMTVの影響が強くヒットに結びついたのはニューロマンティック(略してニューロマ)というジャンルだ。 ニューロマは、ニューウェイヴ・バンドの中でもイギリス、ロンドンのゲイ・クラブで活動してた連中で、主にグラム・ロック的なメイクやファッションにセンセ・ポップ・サウンドを組み合わせた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 14:34
The Police 『Synchronicity』(1983年)
The Police 『Synchronicity』(1983年) ザ・ポリスも、前回のU2と同じくパンク/ニューウェイヴのムーブメントに乗ってデビューし80年代のスタジアム・バンドになったバンドだが、おそらくガチでそれらに影響を受けたU2と違い、ポリスはムーブメントを「利用」してブレイクした、という印象がある。ジャズ・ベーシストとプログレのドラマー、そして後期アニマルズのギタリスト。明らかに演奏が上手い、手練れの連中だったのだ。それなのに、あまり演奏が上手くなくても出来るパンク・ロック的な楽曲をプレイ…というのは確信犯的過ぎる。彼らはそれにレゲエのリズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 13:15
U2 『WAR』(1983年)
U2 『WAR』(1983年) アイルランド出身の、今や(というかこ20〜30年ほど)世界でトップクラスの集客力を誇るスタジアム・ロック・バンドとなったU2の、初期の傑作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 11:57
New Order 『Singles』
New Order 『Singles』 ニューオーダーは凄いバンドだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 23:52
Aztec Camera『High Land,Hard Rain』(1983年)
Aztec Camera『High Land,Hard Rain』(1983年) 僕の初めて聴いたアズテック・カメラは『ナイフ』だったのだけど、正直1曲目でずっこけてしまった記憶がある。きわめて80年代的なサウンドとキモい声!僕は初期のガーネット・クロウが自分達の音楽性を「ネオ・ネオアコ」と自称しているのを知り(後からわかったことだが、「水の無い晴れた海へ」はエブリシング・バット・ザ・ガールのとある曲まんまだったり、1stのジャケがまんまだったり、EBTGを意識した「ネオアコ」発言だったようだ)、自分が脳内で勝手に想像していたサウンドはカーディガンズのようなスウェディッシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 01:06
The Cure 『Greatest Hits』
The Cure 『Greatest Hits』 四半世紀に渡り活動しているイギリスのロック・バンド、キュアーのグレイテスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 02:13
Gang of Four 『Entertainment!』(1979年)
Gang of Four 『Entertainment!』(1979年) 僕が大学生の時、2005年辺りであろうか、ニューウェイヴ/ポスト・パンク・リバイバルが起きていたがあまり理解できなくて、いやニューウェイヴっつーのはテクノポップだろ?とかいうテキトーな理解の仕方だったので、ポストパンクというのが分かってなかったんですな。つまり、ジョイ・ディヴィジョンとこのギャング・オブ・フォーを聴いていなかったということなんですよ。Radio4というまんまのフォロワーもいた。フランツ・フェルディナンドがXTCだっていうのは未だによく分かってないけどな。ブラーのほうが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 01:03

トップへ | みんなの「ニュー・ウェイヴ」ブログ

空白依存症 ニュー・ウェイヴのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる